面倒な借地権問題

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不動産関係のトラブルや悩みというのは非常に多いもので、特に土地を有している人や、他人の土地や建物を借りている人はなにかと悩ましいシチュエーションに出くわすものです。なかでも借地権という問題においてはかなり複雑で心情が絡んだ問題が起こりやすく、貸し手借り手双方の希望がぶつかることも少なくありません。自分や家族がこの借地権という問題に関係しているのがまずは調べてみましょう。それにしてもこの借地権というものがそもそもどのようなものなのでしょうか。

借地権借地権とは、建物の所有を目的とする、地上権または土地の貸借権のことだと定義できます。少し難しい言い方になってしまいますが、ある土地の所有者と、そこに建っている建物の所有者が違うということです。借りものの土地に自分所有の建物を建てるということが可能だということです。この仕組みを聞いただけでも、トラブルが色々起こりそうな予感がするという方は少なくないのではないでしょうか。一般的にその土地を借りる人間のことを借地権者と呼び、その土地を貸してくれる地主さんは底地人とか借地権設定者と呼ばれることがあります

どうしてその土地を購入するのではなく、借りてそこに建物を建てるのだろうと思うかもしれませんが、借地に建物を所有するという方法にはそれなりにメリットがあります。たとえば借地権では固定資産税や都市計画税がかからなかったり、土地の所有権を買うよりもずっと安価だったりというメリットがあります。