借地権は譲渡可能

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権借地権というのは一つの権利ですので、その権利を他の人に売ったり、譲渡したりすることも可能です。ところが借地権は勝手に売り飛ばしたり譲渡することはできないので、地主の承諾を得ることが必要になります。しかし自分の土地に建っている建物のオーナーがころころと変わることを望まない地主が、その借地権の売却を承諾しない可能性もあるのです。万が一承諾を得られないまま無断で売却をしてしまうと無断譲渡となり、新たにその建物を購入した人には借地権がなくなってしまうかもしれず、購入したその建物に住めないということにもなりかねません。ですから借地権付きの建物の譲渡や売却というのは非常にデリケートな問題なのです。

そのほか借地権の相続や建物の買取依頼など借地権とその借地に建っている建物に関しては色々な複雑な要素が関係しています。しかしそうした法律的な決まりについてすべての人が完璧に把握しているわけではないので、色々とトラブルの元となる要求やクレームが生じることがあり、なかなか素人同士では解決が難しいケースもあります。借地権の問題を扱う事になれている不動産業者や弁護士などに仲介を求めるのが賢明なケースが多いのではないでしょうか。