借地権のことで無料相談

無料相談借地権の関係のことでトラブルが起きたり、またトラブルが起きないように事前に対策をしたいという場合には借地権の扱いに慣れている不動産業者や弁護士に仲介を依頼することが賢明です。特に借地権の売買に関しては地主と借地権者の間で感情的な問題が起きる可能性も高いので、十分に経験のある専門家に仲介に入ってもらうべきでしょう。

不動産業者のなかでも借地権売買を取り扱っている業者は限られていて、そうした不動産業者のことを底地取り扱い業者と呼びます。底地取り扱い業者には借地権に関しては十分に知識を有している担当者がいますので、ありがちなトラブルに備えて色々なアドバイスをもらうことができるでしょう。

そうした底地取扱店の不動産業者でも弁護士でも無料相談窓口を設けているところは少なくありません。複雑な案件だと一回の相談でその後の目処がつかないかもしれません。相談する前に何回目の相談まで無料なのかはっきりと聞いておく必要があるかもしれません。いずれにしても借地権に関係した売買や譲渡などをする必要がある場合は、自分で勉強してなんとかしようとするよりも、専門的な知識を有しているスペシャリストに仲介を依頼するほうが賢明と言えるでしょう。

借地権は譲渡可能

借地権借地権というのは一つの権利ですので、その権利を他の人に売ったり、譲渡したりすることも可能です。ところが借地権は勝手に売り飛ばしたり譲渡することはできないので、地主の承諾を得ることが必要になります。しかし自分の土地に建っている建物のオーナーがころころと変わることを望まない地主が、その借地権の売却を承諾しない可能性もあるのです。万が一承諾を得られないまま無断で売却をしてしまうと無断譲渡となり、新たにその建物を購入した人には借地権がなくなってしまうかもしれず、購入したその建物に住めないということにもなりかねません。ですから借地権付きの建物の譲渡や売却というのは非常にデリケートな問題なのです。

そのほか借地権の相続や建物の買取依頼など借地権とその借地に建っている建物に関しては色々な複雑な要素が関係しています。しかしそうした法律的な決まりについてすべての人が完璧に把握しているわけではないので、色々とトラブルの元となる要求やクレームが生じることがあり、なかなか素人同士では解決が難しいケースもあります。借地権の問題を扱う事になれている不動産業者や弁護士などに仲介を求めるのが賢明なケースが多いのではないでしょうか。

借地権のトラブル

具体的に借地権をめぐってどんなトラブルが起きるのでしょうか。例えば地主さんはある時点でその借地の地代を値上げしたいと考えるかもしれませんが、当然借地権者の立場からすれば合理的な理由がなければ応じることはできないでしょう。しかしそれまでとおりの地代の支払いでは納得しない地主が従来の値段の支払いを拒否した場合などは借地権者の側は支払い不履行とみなされないためにも地代を供託する必要があり、法務局などで供託書を作成する必要があります。こうした地代に関する地主とのトラブルも借地権にありがちなトラブルの一つです。

作成また借地として借りている土地の地主さんがその土地をほかの人に売却して、土地の所有者、地主さんが変更になる場合があります。その場合地代を支払う相手が変わるだけなので大丈夫と思いきや、新しく地主になった人が一時金を要求してきたり、そのほかその土地の今後の使用の仕方について地主側の要望などを述べてくる場合もあるでしょう。自分としてはきちんと地代を支払って今までそこで生活してきたのに、いきなり新たに現れた地主に色々と条件を突きつけられると大きなトラブルの元になることが考えられます。やはり土地と建物は密接な関係ですので、それらの所有者が異なるというのは難しい問題を生じさせます。

面倒な借地権問題

不動産関係のトラブルや悩みというのは非常に多いもので、特に土地を有している人や、他人の土地や建物を借りている人はなにかと悩ましいシチュエーションに出くわすものです。なかでも借地権という問題においてはかなり複雑で心情が絡んだ問題が起こりやすく、貸し手借り手双方の希望がぶつかることも少なくありません。自分や家族がこの借地権という問題に関係しているのがまずは調べてみましょう。それにしてもこの借地権というものがそもそもどのようなものなのでしょうか。

借地権借地権とは、建物の所有を目的とする、地上権または土地の貸借権のことだと定義できます。少し難しい言い方になってしまいますが、ある土地の所有者と、そこに建っている建物の所有者が違うということです。借りものの土地に自分所有の建物を建てるということが可能だということです。この仕組みを聞いただけでも、トラブルが色々起こりそうな予感がするという方は少なくないのではないでしょうか。一般的にその土地を借りる人間のことを借地権者と呼び、その土地を貸してくれる地主さんは底地人とか借地権設定者と呼ばれることがあります

どうしてその土地を購入するのではなく、借りてそこに建物を建てるのだろうと思うかもしれませんが、借地に建物を所有するという方法にはそれなりにメリットがあります。たとえば借地権では固定資産税や都市計画税がかからなかったり、土地の所有権を買うよりもずっと安価だったりというメリットがあります。